建築・施工の流れ

以下は計画から建築、お引渡しまでの流れとなります。参考としてご覧ください。

STEP01敷地調査無料

現地に行って測量図を見ながら広さや方位、高低差、接道の状態や隣地の様子などを見ます。

STEP02プランニング(基本設計)無料

家づくりに対するご家族のご希望をお聞きし、敷地を読み込んでプランを作成、目に見える形にします。このときには役所で建築基準法や都市計画法、公共インフラに関することなども調べます。そして1回目のプランを元によりいっそう具体的な打合せをして基本設計を完成させます。

STEP03資金計画・概算お見積もり無料

費用の全体像が分かるよう土地や建物そして登記、融資など建築に係わる費用の資金計画書を作成します。また完成したプランで建物の概算費用の見積を見て頂きます。見積りが予算枠を超える事が多いので打合せを重ねてコストコントロールを行います。

STEP04設計申し込み(設計契約)

プランや資金計画、見積書が納得ができましたら設計の申込をしていただきます。

ここまで約2ヶ月

STEP05設計(実施設計)

ここからは実際に建てるためや建築確認申請をするための設計になります。法規的な事項や施工のための細かな事も設計に盛り込まれます。

STEP06地盤調査

敷地の地盤がしっかりとしているかスウェーデン式サウンディング法により調査を行います。建物瑕疵保証の前提となりますので必ず行う大事な項目です。地盤が基準より軟弱な場合には地盤に見合う地盤改良を施した上での建築となります。

STEP07お見積もり

実施設計を元に最終的な見積書となり、地盤改良が必要な場合にはその見積も提出させて頂きます。

STEP08建築確認申請

書類と図面が整ったら行政または第3者建築確認機関に申請します。住宅の場合は7~14日の期間で確認済が出ます。

ここまで約4ヶ月

STEP09ご契約(請負契約)

いよいよ建物のご契約です。契約には契約書、約款、図面、見積書、建物瑕疵保証に関する事項、工程表などが添付されます。

ここまで約5ヶ月

STEP10着工

地鎮祭を行い、地縄で建物の位置を確認し、工事看板を立てた上で待ちに待った工事が始まります。地盤が弱い場合は地盤改良や補強を行います。

STEP11基礎工事

家を支える基礎はベタ基礎です。

ここまで約10ヶ月

STEP12上棟

朝早くから多くの大工さんがプレカットされた柱や梁の構造材を組立始め、夕方には棟梁があがり屋根下地も出来て家の形になります。棟飾りをし、家の角々をお清めに廻り、上棟祝いを執り行います。昨日までないものが形となる感激の一日。

STEP13完成検査

建物も完成に近づき引き渡し前の7~10日ほど前に建物検査をしていただきます。図面の通りに出来ているか、出来具合はどうかを家の中も外も見ていただきます。補修の必要な箇所はお引き渡しまでに綺麗に手直しを行います。

STEP14お引渡し

待ちに待った引渡しの日です。完了検査で見つかった補修箇所を確認したのちに、引渡し書類と鍵のお渡しと、家のメンテナンスのことや設備機器の取扱いの説明を行い引渡しは終了です。その後は嬉しい新居への引越しが待っています。

STEP15アフターメンテナンスサービスお引渡し以降

引越し後に順調な生活が始められるように、説明は受けたが分からなくなった機器の取扱いのこと、電話やTVの配線の事などの再説明も行います。また生活が始まってから気づいた点についてのメンテナンスや1年点検も行います。緊急の事項や傷が付くと困る事は適時対応しています。建物瑕疵保証は構造や雨漏りなどの長期保証が10年、仕上げなどの短期保証は1~2年になります。